2023-02

全記事

<短編小説>聖夜

貧しい少年の元に、いきなり現れたサンタクロース。しかしそのサンタは、普通のサンタとは少し違っていた。可愛らしさと狂気が織りなす、新タイプのクリスマス小説。
雑記

<雑記>娘さんを僕に下さい問題

ぼーっとテレビドラマを見ていたら飛び込んで来た「娘さんを僕に下さい」というセリフ。このセリフを聞き、久しぶりに私の違和感センサーが反応しました。そんなことを書いた記事です。
全記事

聖夜-12

少年が、どうにか運ぶ手段は無いものかと思案していると、急に窓から風が吹き、開かれていた昆虫図鑑のページをパラパラとめくった。  めくられた図鑑は「図解 昆虫の一生 さなぎ編」という、さなぎのグラビア写真みたいなページをぴらぴらさせている。 ...
雑記

<書評>「デミアン」 ヘルマン・ヘッセ 切実な暗黒思索小説

「デミアン」は、20世紀のドイツ文学を代表する作家ヘルマン・ヘッセの作品です。自分の闇と向き合うことの真摯さを描いた本作を自分なりに書評しました。
全記事

<雑記>見てるフリしてた名作映画

最近見ることが増えてきた映画、すると私の心の中の声が「お前の映画に対する罪を償え」と良心に働きかけてきました。そんなことを書いた記事です。気楽に見てね♪
雑記

<書評>「嵐が丘」 エミリー・ブロンテ 愛と憎悪の血縁二重螺旋

「嵐が丘」は19世紀のイギリスの作家、エミリー・ブロンテが書いた唯一の長編小説です。現代の作家でも色んな人が面白いと言っている古典作品である本作を自分なりに書評しました。
雑記

<雑記>私の読書の現在地点

私は常に出かける時に、文庫本を3冊くらいバックに入れてないと落ち着きません。それは常に「読む物が無くなる恐怖」というものに追われているからです。そんなこんなをざっくばらんに書いた記事。気楽に見てね。
小説

<短編小説>瞬間循環

突然、「何か」に気付いた姉と、それを追う弟の一夜の奇妙な追走劇。直観と感覚により、瞬間に手を伸ばそうとする冒険小説です。
雑記

<雑記>UCについて

今やネットで物を買うのが主流の世の中ですが、DVDやゲームなどを実物のパッケージを見て買うと言う行為が好きな私は、何も買わない時もあるにせよたまに秋葉原へ物見遊山に出かけます。そんなこんなを色々書いた記事。